クラミジア・淋病を治すために

身近にひそむクラミジアや淋病などの性感染症についての予防・治療方法です。

薬を飲む女性

クラミジア・淋病は他人事ではありません

看護婦性病に関して自分は大丈夫と思っている方、これは他人事ではありません。
男性でも女性でもかかる可能性のある病気です。
性感染症で発症するクラミジア・淋病は症状が似ている為同じ病気と思っている方もいるかもしれませんがこの二つは別の病気になります。
まずクラミジアは日本で最も多く発症している性病です。
性行為によって感染します。
しかしとても症状が出にくいので知らずに治療が遅れたり、他の人に病気を広めてしまう恐れがあるのが注意点です。
症状が分かりづらい為、女性の方の方が病気に気づきにくくなっています。
発症すると初期症状はオリモノが増えたり不正出血をしたりします。
下腹部痛がおき、性交時にも痛みを感じるようになります。
放っておくと不妊症の原因にもなるので早期の治療が大事です。
男性の場合、尿道に感染します。
そして尿道炎になったり副睾丸炎になります。
排尿痛や尿道にかゆみをひきおこしたり、尿に膿が混じる事もあります。
精巣が腫れて微熱や痛みなどが起きます。
続いて淋病も性行為によって感染します。
クラミジアと同時に感染している事が多いです。
女性が感染するとオリモノの量が増え、臭いも悪臭になります。
軽い発熱と下腹部痛がおきます。
しかし女性の場合ほとんど無症状なので発見が遅れる事が多いです。
そうすると病気は進行してきますので子宮外妊娠や不妊症の原因になってしまいます。
男性が感染すると尿道に感染し、排尿痛をおこします。
尿道から膿がでて精巣が腫れ、発熱します。
発見が遅れると無精子症になる場合があります。
クラミジアなのか淋病なのかどちらを発症したのか分からないという方にお勧めのお薬が両方の病気に効くジスロマックです。
このジスロマックは一回飲むだけで効果が7日以上続きその間に完治させてしまうお薬です。
尿道炎の予防にもなります。