クラミジア・淋病を治すために

身近にひそむクラミジアや淋病などの性感染症についての予防・治療方法です。

薬を飲む女性

ジスロマックで治る口唇ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスは、口の周りにできた水ぶくれが特徴です。患部は痒みや火照り、痛みがあり、水ぶくれがかさぶたになると10日~2週間で治ります。原因のヘルペスウイルスは、人間の体に元々存在するという特徴があります。しかし免疫力が低下するとヘルペスウイルスが繁殖するので、症状が出始めます。また感染力が強いという特徴もあり、直接的な接触やウイルスが付着したタオルやコップを通して感染することがあります。口唇ヘルペスは初感染であれば、口の周りに5mm大の水泡ができ、発熱や顎の下のリンパが腫れるといった比較的重い症状になります。再発の場合は一部分に水ぶくれが出るだけで、症状は軽いです。口唇ヘルペスの症状が出たら、早い段階での治療が重要です。ジスロマックという抗生物質は、ウイルスが増殖するのを予防します。ジスロマックは個人輸入代行を利用した通販でも入手することは可能ですが、医師は症状に応じて投与する薬を決めています。人によっては、ジスロマックではなく、ビタミン剤で対処することもあります。適切な薬を服用することが、再発しやすい口唇ヘルペスの予防にもつながります。口唇ヘルペスはストレスを溜めないことがポイントです。精神的または身体的ストレスを減らすために、バランスの良い食事や適度な休息を取り入れます。また口唇ヘルペスになっている時は、ウイルスの感染力が普段より高くなっているので、他人との接触を避けます。特に免疫機能が未発達である新生児には、全身に症状が現れる恐れがあります。さらにアトピー性皮膚炎の人は、肌のバリア機能が低下しているので、皮膚にヘルペスウイルスが付着すると過敏に反応するので、注意します。