クラミジア・淋病を治すために

身近にひそむクラミジアや淋病などの性感染症についての予防・治療方法です。

薬を飲む女性

健康診断では分からないクラミジアとhiv感染リスク

若い世代に感染者が増えているクラミジアですが、感染者のうち男性の5割、女性の8割には自覚症状がないと言われています。また感染しても、自分自身の免疫力によって、自然に治ってしまうこともあります。性器だけでなく喉から感染するケースもあり、本人が知らないうちに感染を拡大させている場合も多いと推測されます。クラミジアの蔓延を防止するため、少しでも疑わしいときには検診を受けることが重要です。しかし通常の健康診断では、クラミジアを発見するのは不可能です。
健康診断性病かどうかを判断するには、専用の装置や試薬が必要です。一般の健康診断で行なわれる血液検査や尿検査は、性病を発見する目的ではないため、病原体を見つけることはできません。会社や学校の健康診断で性病が発覚するのは恥ずかしいので、かえって好都合だという方がいるかもしれません。しかしクラミジアも放っておくと重い症状に移行する危険がありますし、なにより他人に感染を広げてしまいます。
クラミジアの危険性のひとつとして、hiv感染のリスクを3~5倍に高めることが挙げられます。hivは単独では感染力の弱いウイルスですが、クラミジア感染症を持っていると、炎症や出血の部分から感染しやすくなります。またキスによってhivに感染するケースも考えられます。
クラミジアはジスロマックなどの抗生物質で治療できます。ジスロマックは性器感染にも咽頭感染にも有効な薬ですが、口の中は薬剤耐性菌が生じやすいため、治療が長引くこともあります。また咽頭感染は耳鼻咽喉科でも診てもらえますが、性感染症には詳しくない医師もいるため、ジスロマックの処方を受けるなら婦人科か泌尿器科が適当と言えるでしょう。