クラミジア・淋病を治すために

身近にひそむクラミジアや淋病などの性感染症についての予防・治療方法です。

薬を飲む女性

性病に感染してしまう原因

性病に感染してしまう原因としては、性交渉が一番多く挙げられます。
そこで感染を防ぐためにコンドームを使用することが効果的ですが、感染者に自覚症状がなかったり、安易な考え方によりコンドームを装着しないで、性感染症にかかる人が圧倒的に多くいます。
またコンドームを装着しているからと言って、それが絶対に安全でもないという現実もあります。
性病の感染は主にウイルス感染が多く、中には便を介してかかるものもあります。
A型感染はアナルセックスやオーラルセックスからうつると言われます。
便の中にウイルスが潜んでいるために、その便を口にしてしまうことから発症することが多いそうです。
また性病に感染してしまう原因としては、性交渉の他に、陰部を不衛生にしている事も挙げられます。
従って、雑菌がある状態の手でマスターベーションを行う事により、性病に感染してしまうこともあるのです。
梅毒の場合は、セックスやオーラルセックスで感染することが多いのですが、中にはキスで感染したという報告もあるようです。
今は治療が可能ですが、昔は梅毒は不治の病とされ、亡くなる人も多くいました。
遊郭では性病に感染した女郎がこの梅毒によって生涯を閉じるということも、珍しくはなかったのです。